剣道

剣道の試合に勝つなら自分にあった防具を買おう

選定のポイント

竹刀と面

丈夫さや予算を目安に

剣道を始めるときに、揃えないといけないのが防具です。剣道の防具は、それぞれ作り方により丈夫さや痛みの感じ具合、値段が変わります。どれもそう安いものではないので、よく見極めて購入するのがおすすめです。剣道の防具を見極めるときの一つのポイントとなるのが刺し幅です。剣道の防具に使用されている布地を布団とよびますが、布団をミシンや手縫いで縫っていくことで使いやすいように形を整えていきます。刺し幅によって痛みの感じ具合とつけたときのスマートさ、値段が大きく変わってきます。基本的にミシン刺しの方が安く、手縫いのものは高くなっています。手縫いの方が長く使えますが、初心者はミシン刺しを選ぶのが一般的です。刺し幅が5〜8ミリと太めのものは、痛みを感じにくいので子供や初心者向けといわれています。ただその分分厚くなり、見た目がブカブカしてみえるので、慣れてくると刺し幅を狭くしていく人が多いです。好みで選んでもかまいません。また、刺し幅が狭い方が高いことが多いですが、その方が品質がよいというわけではなく、単にかかる手間の違いと考えて問題ありません。大人になってから始めるときは、貸し出してくれるものがあればそれをまずは使ってみて、使い心地を確かめてから購入するとよいでしょう。上達するにつれ別の物がほしくなることもあります。また、子供向けに選ぶときは痛くないかと、子供の成長を妨げないかをチェックしましょう。重すぎる物は成長を妨げるおそれがあります。