剣道

剣道の試合に勝つなら自分にあった防具を買おう

成長ごとに買い替えよう

選手

手入れの方法を知る

武道は、心と体を成長させます。武道を学ぶことで、相手への礼、尊重、そして道具を大切にするという事も同時に学んでいきます。中でも、剣道は、面や胴、竹刀や木刀などさまざまな道具を利用します。一つ一つの防具をきちんと手入れし、大切にすることを指導していくなかにおいて必要になります。汗をたくさんかいたあと、防具をそのままにしておくと、カビの原因になったり、臭いがこもってしまうため、陰干しをするといった手入れの知識を得ることが大切なのです。子どもであっても、一つ一つの防具を丁寧に扱い、適切にお手入れをするという事を知ることによって、何事にも感謝の気持ちを持てるようになります。最近では剣道の防具の臭い対策として、消臭スプレーを利用したり、防具をクリーニングしてくれるお店もあります。自分がどういったものを選ぶにせよ、充分なお手入れの知識が必要になります。まずは面や小手などの防具の手入れの方法を学ぶことから始めてみましょう。防具を大切に扱えば、長く愛用することができます。また、成長と共にサイズが合わなくなり新調する際には、今まで使っていた防具を売ることもできます。剣道の防具を買取ってくれるような専門業者も存在するので、買い替え時には業者に相談してみましょう。近場に買い取り専門店がなくとも、郵送で対応してくれる場合があるので、全国どこからでも査定してもらえます。場合によっては、傷んでしまった防具を買取ってくれるような業者もあるので、剣道の防具は捨てる前に一度、売ることも検討してみましょう。